Kintone Model One(株式会社KINTONE)の口コミや評判

       

 最終更新日:2023/04/25

Kintone Model One(株式会社KINTONE)の画像

製品名 Kintone Model One
会社名 株式会社KINTONE
住所 茨城県常総市豊岡町乙2008-1
TEL 072-730-7900
おすすめポイント すべての無駄を削ぎ落とした、ミニマルなデザインを採用
特徴 簡単3stepで折りたためるので、手持ちで移動したり、車のトランクに収納したり、持ち運びにも非常に便利。
スペック 1,250mm×360mm×450mm
総重量:12.5kg
充電時間:約5時間
最大速度:パワーセービングモード・18km/h スピードモード・ 25km/h
価格 7万9,800円(税込)
問い合わせ HP内に問合せフォームあり

セグウェイなど電動キックボードは世界で人気を誇っており、日本でも注目を浴びつつあります。電動キックボードが気になるけど、安心できる国内メーカーがよいという人も多いことでしょう。今回は日本メーカーが手がけるKintone Model Oneについて紹介するので、電動キックボードの購入を検討している人は必見です。

無駄のないシンプルでスタイリッシュなデザイン

まずはKintone Model Oneを製造している株式会社KINTONEの紹介とデザインの特徴について紹介します。

株式会社KINTONEについて

製造しているKINTONEは「人類の移動を超スマートに」というビジョンのもと、電動モビリティ製品の開発や企画、製造、販売まで手掛けている会社です。日本でも人気のある海外セレブが乗っているミニセグウェイが話題になりましたが、海外のメーカーと思いきや、KINTONEは日本のメーカーです。

KINTONEは長年培ってきた電動モビリティの製造技術を電動キックボードであるKintone Model Oneに詰め込んでいます。電動キックボードはデザイン性も大事ですが、安全面も重視されます。KINTONEでは長年にわたって品質の高い工場とサポート体制の拡充に取り組んできたことから、安心で品質の高い電動キックボードを製造しています。

シンプルでスタイルなデザインを実現

Kintone Model Oneはデザインの設計において無駄なものをすべて削っていることから、電動式と思えないほどのシンプルかつスタイリッシュなデザインが人気を集めています。電動モーターを前輪に、バッテリーを側面に収納することでスタイリッシュなデザインを実現しています。

快適に走れるタイヤを採用

Kintone Model Oneでは電動キックボードとしては大きい8.5インチのタイヤを採用することで、快適な走行性も兼ね備えています。ある程度の段差であれば楽に乗り越えられて、空気式のタイヤであることから抜群の乗り心地となっています。

3ステップで折り畳み可能

キックボードは持ち運びが大変なイメージがあり、電動キックボードとなると重たいのではと考える人も多いことでしょう。Kintone Model Oneは3ステップで簡単に折りたためる構造となっているため、乗ってすぐに畳んで移動できる手軽さが大きな魅力となっています。

また、電動キックボードながら軽量であるため、女性でも持ち運べるのもメリットとなります。Kintone Model Oneは手持ちで移動するのもよし、車のトランクに収納して公園で遊ぶのもよしの電動キックボードです。

6.0Ahの超大容量バッテリーを搭載

Kintone Model Oneには6.0Ahの超大容量バッテリーを搭載し、13~18kmの長距離走行を実現しました。超大容量バッテリーにもかかわらず、本体の底面に収納されていることから、外観上見えないのもポイントの一つです。バッテリーの充電は家庭用のコンセントで可能となっております。充電時間も約5時間となっていることから、寝ている間に充電しておけば毎日長距離走行しても使えます。

また、超容量の大バッテリーによってKintone Model Oneは驚くほどスムーズな走行を実現しています。モーターが無音で回りながら体が前に進んでいく感覚は、まるで筋斗雲に乗っているかのような走りです。電動キックボードに乗ったことがない人はとくに感動することでしょう。時速は制限モードで18km/h、スピードモードで25km/hとなっています。

ボタン一つで簡単操作

Kintone Model Oneの操作ディスプレイにはボタンが一つしかないシンプルなデザインとなっていますが、ボタン一つで簡単操作ができることも魅力の一つです。電源のオンとオフの切り替えはボタンを長押し、電源オンの状態でボタンを一回押せばライトが点灯し、ボタンを2回押せば制限モードの走行に切り替えられます。

すべての操作をボタン1つで操作できるので、子どもでも操作ミスすることなく楽しめる電動キックボードとなっています。また、バッテリー残量はLEDのインジケーターに表示されているため、充電のタイミングも分かりやすくなっています。

まとめ

今回は株式会社KINTONEが製造しているKintone Model Oneの特徴について紹介しました。Kintone Model Oneは電動キックボードながら、無駄のないシンプルでスタイリッシュなデザインによって人気を集めています。長距離走行を可能とする6.0Ahの超大容量バッテリーを搭載していますが、本体の側面に収納することでスタイリッシュなデザインを実現しています。電動キックボードは持ち運びが大変なイメージがありますが、3ステップで簡単に折りたたみができることも魅力のひとつです。ボタンひとつで簡単な操作が可能となっており、大人から子どもまで手軽に楽しめるので、電動キックボードを探している人は検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

2023年7月に法改正が行われ、電動キックボードの規制が緩和されました。電動キックボードは、特定小型原付に分類されるため、16歳以上であれば免許不要で運転できるようになりました。 また、ヘル

続きを読む

電動キックボードは車両と同じ扱いになっており、公道を走る際はさまざまな条件やルールが存在します。決められたルールを守らなければ法律違反となり、罰則や罰金が発生する場合があります。 この記事で

続きを読む

電動キックボードを利用する際の規定が大きく変わる2023年7月の法改正について詳しく解説します。改正後は、16歳以上であれば免許は必要ありません。新しく「特定小型原動機付自転車」の区分が作ら

続きを読む

2023年7月1日から電動キックボードに16歳から乗れるようになります。道路交通法が改正されて規制緩和されるからです。16歳から走行できるようになるだけではなく、ヘルメットの装着が必須から努

続きを読む

電動キックボードを購入した後は、市区町村役場でナンバープレートを交付してもらいましょう。ナンバープレートを取り付けることなく公道を走行すると、取り締まりの対象になってしまいます。今回の記事で

続きを読む

気軽に近所を移動したいと考えている人や、通勤や通学をもっと便利にしたいと考えている人のなかで、電動キックボードを検討している人もいるかと思います。電動バイクよりも価格が抑えられていて、軽量で

続きを読む

どんなものも日頃から大切に使用していると、ダメージが蓄積されにくくなります。そこで今回は、電動キックボードを大切に使い続けるために欠かせないセルフメンテナンスの方法について紹介します。なお、

続きを読む

日本でも徐々に浸透している電動キックボードですが、消費者の認識の違いが生じています。どんな乗り物も、ルールやマナーを守って楽しく安全に走行しなければいけません。準備するものもあるので内容を確

続きを読む

現在の法律では、電動キックボードで歩道を走行することは禁止されています。また、電動キックボードに乗る場合は免許の取得とヘルメットの着用が必須です。しかし、2023年7月の法改正で内容が変更さ

続きを読む

都会を中心に新しい移動手段として注目されている電動キックボード。実は2023年度中に規制緩和されるのです。具体的な規制緩和内容や施行日が気になる方もいるでしょう。というわけで、今回は電動キッ

続きを読む