Kickscooter E22(Segway-Ninebot)の口コミや評判

       

 最終更新日:2023/04/25

Kickscooter E22(Segway-Ninebot)の画像

製品名 Kickscooter E22
会社名 Segway-Ninebotの日本正規代理店「株式会社オオトモ」
住所 大阪府大阪市住之江区平林南1丁目5-15
TEL 06-6654-3391
おすすめポイント ボタン1つでスムーズに折りたためるので、持ち運びや積載、収納性に優れている
特徴 ドイツのiF Product Design Awardを受賞したキックスクーターシリーズを継承し、シンプルでミニマルなデザインが特徴の電動キックスクーター。
スペック 1,130mm×420mm×150mm
総重量:約13.2kg
充電時間:約6時間
最大速度:約20km/h
価格 11万円(税込)
問い合わせ 電話・問い合わせフォーム

これから電動キックボードを購入したいと考えている人に、今回の記事はおすすめです。電動キックボードの中でもシンプルなデザインで持ち運びできる商品を希望している人は、Kickscooter E22を購入しましょう。3つのライディングモードと無駄のないデザインが魅力的です。男女問わずファンが増加するでしょう。

軽量さと耐久性をあわせ持つ航空機クラスの一体型アルミ合金を採用

丈夫な素材でできているので傷や衝撃に強いのが特徴です。また、持ち運びしやすいように軽量でできています。重量は13.2kgなので女性でも持ち運び可能です。

ミニマルな電動キックスクーター

シンプルさが魅力的でもある商品です。素材は航空機仕様クラスのものを使用しているので安全性に問題ありません。軽量で持ち運びが容易なだけではなく、耐久性も持ち合わせています。軽量であることと耐久性を持ち合わせていることは相反すると考える人もいるでしょう。軽量で頑丈であれば安全に気軽に商品を楽しめるようになります。

公道での使用は禁止

使用できる場所が限られているので注意しましょう。公道で使用するのは禁止です。こちらは歩道、車道問わず禁止となっているので通報されないようにしてください。使用可能場所は私有地のみです。

ヘルメットとプロテクターを着用する

安全のため決められた装具を着用しましょう。ヘルメットは頭部を保護します。プロテクターは関節を保護します。スピード調整が可能なので、万が一転倒したときにヘルメットやプロテクターを装着していないと危険です。また、自分は安全に運転していても不意に誰かが現れてぶつかってしまうこともあるでしょう。そのため、開かれた安全な私有地で楽しみましょう。

濡れた路面や悪路の走行禁止

雨が降っていなくても、地面が濡れているときや水たまりがあるときは使用を控えてください。スリップする可能性があります。また、ブレーキの効きも乾いている路面よりよくない場合があります。思わぬ怪我につながるので気を付けましょう。降雨時だけではなく降雪時も使用を控えてください。そして、砂利道やでこぼこしている道を走行するのも危険です。自転車やバイクなどと比較するとタイヤの大きさが小さいので、少しの段差でもコントロールしにくくなります。

チュートリアルモードを解除する

商品を開封した直後に使用するのは控えましょう。使用前にチュートリアルモードを解除してください。こちらを解除しないと、速度制限がかかることが予想されます。また、走行中に音が鳴る可能性もあるので注意してください。

無駄をそぎ落としたシンプルでミニマルなデザイン

男女問わずシンプルなデザインを楽しめます。どのような服装にも合うので楽しみましょう。

スペック

展開時は1,090mm×420mm×1,120mm、折り畳み時は1,130mm×420mm×150mmとなります。重量は13.2kg、適用身長は120~200cm、適用体重は30~100kgとなっています。非常にシンプルなデザインで色も落ち着いています。どのような服装でもマッチするようになっています。無駄をそぎ落としているので、コンパクトでスタイリッシュな印象を与えられます。

シーンに合わせて選択可能な3つのライディングモード

1台で3つのモードが備わっています。バッテリー残量などはディスプレイで確認できるので安心です。

ECOモード

バッテリー充電の残量には限りがあります。とくに長距離を走行するときは節用しながら走行しなければいけません。そのようなときにECOモードを選択しましょう。長距離と長時間の運行に最適です。

Sモード

最高速度を発揮したいときに使用します。こちらの商品の最高速度は時速20kmです。パワフルな走行を期待しているときに使用しましょう。

Dモード

こちらはECOモードとSモードを足して2で割ったモードです。走行距離と速度の平均化を図ります。

ワンタッチで折り畳み収納可能

誰でも簡単に折り畳みできます。工具も必要ないので、持ち運びしたいときに荷物になりません。

数秒で折り畳める

工具を携行する必要がありません。ワンタッチで操作できるので数秒で折り畳めます。走行した後に電車やバスなどを利用するときにも便利です。

キャンプ場に持ち運びできる

キャンプ場にテントを設営して宿泊するときに、トイレや温泉までの距離が長いと移動が億劫になります。簡単に折り畳みできる商品なので、車の後部座席に収納できます。テントの隣に商品を用意しておくだけで、トイレや温泉まで楽に移動できます。また、デザインがシンプルで洗練されているので、周囲の景観を損なわずに自然界に馴染むようになっています。

使用後の保管も楽

マンションで生活している人も保管場所に困りません。室内に持ち運びできるので、駐輪場に保管して盗難の被害に遭う心配や商品が汚れる心配がありません。

まとめ

公道ではなく走行するのは私有地に限られますが、電動キックボードの爽快な走りを楽しみましょう。キャンプ場に持ち運ぶとキャンプ場で過ごすときに便利になります。また、デザインが洗練されていておしゃれなので、室内に保管しておくだけでインテリアの機能も果たせるでしょう。今後はますます普及することが予想されるので、流行を迎える前に購入しましょう。価格は11万円(税込)となっています。対象年齢は16歳以上です。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

2023年7月に法改正が行われ、電動キックボードの規制が緩和されました。電動キックボードは、特定小型原付に分類されるため、16歳以上であれば免許不要で運転できるようになりました。 また、ヘル

続きを読む

電動キックボードは車両と同じ扱いになっており、公道を走る際はさまざまな条件やルールが存在します。決められたルールを守らなければ法律違反となり、罰則や罰金が発生する場合があります。 この記事で

続きを読む

電動キックボードを利用する際の規定が大きく変わる2023年7月の法改正について詳しく解説します。改正後は、16歳以上であれば免許は必要ありません。新しく「特定小型原動機付自転車」の区分が作ら

続きを読む

2023年7月1日から電動キックボードに16歳から乗れるようになります。道路交通法が改正されて規制緩和されるからです。16歳から走行できるようになるだけではなく、ヘルメットの装着が必須から努

続きを読む

電動キックボードを購入した後は、市区町村役場でナンバープレートを交付してもらいましょう。ナンバープレートを取り付けることなく公道を走行すると、取り締まりの対象になってしまいます。今回の記事で

続きを読む

気軽に近所を移動したいと考えている人や、通勤や通学をもっと便利にしたいと考えている人のなかで、電動キックボードを検討している人もいるかと思います。電動バイクよりも価格が抑えられていて、軽量で

続きを読む

どんなものも日頃から大切に使用していると、ダメージが蓄積されにくくなります。そこで今回は、電動キックボードを大切に使い続けるために欠かせないセルフメンテナンスの方法について紹介します。なお、

続きを読む

日本でも徐々に浸透している電動キックボードですが、消費者の認識の違いが生じています。どんな乗り物も、ルールやマナーを守って楽しく安全に走行しなければいけません。準備するものもあるので内容を確

続きを読む

現在の法律では、電動キックボードで歩道を走行することは禁止されています。また、電動キックボードに乗る場合は免許の取得とヘルメットの着用が必須です。しかし、2023年7月の法改正で内容が変更さ

続きを読む

都会を中心に新しい移動手段として注目されている電動キックボード。実は2023年度中に規制緩和されるのです。具体的な規制緩和内容や施行日が気になる方もいるでしょう。というわけで、今回は電動キッ

続きを読む