電動キックボードの免許不要はいつ頃から?法改正のポイントを知ろう!

       

公開日:2023/05/15  最終更新日:2023/04/20

電動キックボード 法改正のポイント

都会を中心に新しい移動手段として注目されている電動キックボード。実は2023年度中に規制緩和されるのです。具体的な規制緩和内容や施行日が気になる方もいるでしょう。というわけで、今回は電動キックボードの法改正のポイントを解説します。2023年1月現在のルールについても解説しているので今一度ルールの確認もできますよ!

電動キックボードの免許不要はいつ頃から?

電動キックボードの法改正は2023年7月です。2023年7月には電動キックボードの規制緩和がされることになっています。

そのほか法改正で変わること

ここからは規制緩和の内容についてお伝えします。本記事で紹介するルールはあくまでも2023年7月からのルールになるため、2023年1月現在は次章の「現在の電動キックボードに乗る際のルール」に則って走行しましょう。

区分の変更

現在の電動キックボードは原付バイクと同様の扱いですが、2023年7月の規制緩和によって特定小型原付という区分になります。特定小型原付になると、免許が不要となり、ヘルメットが任意となります。また最高速度が30km/hだったのが20km/hとなり、走行場所が車道のほかに自転車レーンと歩道、路側帯が追加されます。

さらに年齢制限は16歳以上となり高校生から乗車可能です。免許がない高校生でも電動キックボードを利用できるのは、新たな交通手段として人気が出そうですね。規制緩和後も変わらないのは自賠責保険への加入と、ナンバープレートの装着です。

走行できる場所の拡大

原付と同じ区分では車道しか走れませんでしたが、規制緩和によって歩道や路側帯の走行も可能になります。しかし歩道を走る場合には最大速度は6km/hで識別灯火(走行モードを周囲に伝えるライト)を緑色点滅にする必要があります。車道を走る場合は最大速度が20km/hで識別灯火は点灯に切り替えます。

現在の電動キックボードに乗る際のルール

ここまでは規制緩和された際のルールについて解説しましたが、この章では現在(2023年1月)の電動キックボードのルールをおさらいしておきます。法改正されるまではこのルールにしたがって安全に電動キックボードを使用しましょう。

電動キックボードの装備について

電動キックボードには10コの必要な装備があります。2023年1月では電動キックボードは原付と同じ区分ですから、原付に搭載されているものはすべて搭載されている必要があるのです。必要な装備は以下の10コです。

・ミラー

・ウインカー

・ブレーキ

・フロントライト

・ブレーキランプ

・テールランプ

・ナンバー灯

・クラクション

・リフレクタ―

・クラクション

東京都ではウインカーやクラクションが搭載されていない電動キックボードで公道を走行し警察に取り締まりを受ける事例も多数見受けられます。ウインカーやクラクションに限らず、上記の10コのどれか一つが抜けていると保安基準を下回るため、必ず装着されている電動キックボードを選びましょう。

保険とナンバープレート

自賠責保険への加入とナンバープレートの装着は現在も規制緩和後も変更はありません。必ず自賠責保険に加入し、ナンバープレートは車体後方に装着しましょう。電動キックボードの自賠責保険は原動機付自転車の自賠責保険と同じもので問題ありません。

自賠責保険は、電動キックボードの販売店や保険代理店はもちろんのこと、ネットやコンビニからでも加入できます。またナンバープレートの取得方法は、自宅近くの役所での手続きが必要です。そのさいには、購入した時にもらう販売証明書と印鑑、本人確認書類の3点を準備しておきましょう。手続きでは「軽自動車税申告書兼標識交付申請書」という小難しい書類に情報を記入します。

歩道は走行不可能

2023年7月からは時速6kmにて歩道走行が可能になりますが、2023年1月現在は走行不可能です。そのため誤って歩道を走行しないようにしましょう。もし歩道を通らなければならない場合は原動機付自転車同様、手押しで通行すればOKです

免許とヘルメットは必須

規制緩和後は免許が不要になり、ヘルメットの装着も義務ではなくなります。しかし2023年1月現在では免許の携帯とヘルメットの装着は義務となっています。そのため16歳が電動キックボードに乗用できませんし、ヘルメットの装着せずに公道を走ることもできません。免許を取得していたとしても、免許を携帯せずに走っていると違法ですので、電動キックボードに乗る際は必ず免許証をもって走行しましょう。

まとめ

今回は    電動キックボードの法改正と2023年1月現在の電動キックボードのルールについて解説しました。電動キックボードは2023年1月現在では、免許の携帯とヘルメットが義務づけられていますが、キックボードだからといって免許を携帯していなかったり、ヘルメットを装着しなかったりして、警察に逮捕されるケースも少なくありません。またキックボードではあるもののウインカーやライト、ナンバープレートの装備等も必要なため、今一度自分のキックボードの装備を見直してみてください。ルールを守って電動キックボードライフを楽しみましょう!

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

2023年7月に法改正が行われ、電動キックボードの規制が緩和されました。電動キックボードは、特定小型原付に分類されるため、16歳以上であれば免許不要で運転できるようになりました。 また、ヘル

続きを読む

電動キックボードは車両と同じ扱いになっており、公道を走る際はさまざまな条件やルールが存在します。決められたルールを守らなければ法律違反となり、罰則や罰金が発生する場合があります。 この記事で

続きを読む

電動キックボードを利用する際の規定が大きく変わる2023年7月の法改正について詳しく解説します。改正後は、16歳以上であれば免許は必要ありません。新しく「特定小型原動機付自転車」の区分が作ら

続きを読む

2023年7月1日から電動キックボードに16歳から乗れるようになります。道路交通法が改正されて規制緩和されるからです。16歳から走行できるようになるだけではなく、ヘルメットの装着が必須から努

続きを読む

電動キックボードを購入した後は、市区町村役場でナンバープレートを交付してもらいましょう。ナンバープレートを取り付けることなく公道を走行すると、取り締まりの対象になってしまいます。今回の記事で

続きを読む

気軽に近所を移動したいと考えている人や、通勤や通学をもっと便利にしたいと考えている人のなかで、電動キックボードを検討している人もいるかと思います。電動バイクよりも価格が抑えられていて、軽量で

続きを読む

どんなものも日頃から大切に使用していると、ダメージが蓄積されにくくなります。そこで今回は、電動キックボードを大切に使い続けるために欠かせないセルフメンテナンスの方法について紹介します。なお、

続きを読む

日本でも徐々に浸透している電動キックボードですが、消費者の認識の違いが生じています。どんな乗り物も、ルールやマナーを守って楽しく安全に走行しなければいけません。準備するものもあるので内容を確

続きを読む

現在の法律では、電動キックボードで歩道を走行することは禁止されています。また、電動キックボードに乗る場合は免許の取得とヘルメットの着用が必須です。しかし、2023年7月の法改正で内容が変更さ

続きを読む

都会を中心に新しい移動手段として注目されている電動キックボード。実は2023年度中に規制緩和されるのです。具体的な規制緩和内容や施行日が気になる方もいるでしょう。というわけで、今回は電動キッ

続きを読む