電動キックボードでよくある故障とは?具体的な修理方法を知ろう!

       

公開日:2023/01/15  最終更新日:2023/01/16


電動キックボードを購入する際に気になるのが故障です。電動キックボードは最近開発された新しいタイプの乗り物です。そのため自動車やバイクと比べると若干故障しやすいといわれています。では、どんな故障があるのでしょうか。今回は、電動キックボードでよくある故障について詳しくご紹介します。

電動キックボードでよくある故障

電動キックボードでは、どんな故障がよくあるのでしょうか?こちらで詳しくご紹介します。

①電源が入らない

1つ目のよくある故障が、電源が入らないことです。価格が安い電動キックボードの中には、電源が入らない故障がよくあります。原因はさまざまあります。一般的には、次の4つのケースのいずれかです。

1.バッテリー不良
2.ECU(電子制御ユニット)の不具合
3.パーツの接触不良
4.イモビライザー(防犯装置)の設定不良・接続不良

②電池がすぐ切れる

2つ目のよくある故障が、電池がすぐ切れることです。こちらのケースは電源は入るけれども、ちょっと走行しただけでも電池がすぐに切れて止まってしまいます。バッテリーの不良が原因です。一般的に、電動キックボードに使われているバッテリーは、リチウムイオン電池です。

通常、リチウムイオン電池は、500回程度充放電が可能といわれています。ただしもとから低品質なリチウムイオン電池が使われていることもあります。そうなると、ちょっと走行しただけでも電池がすぐに切れてしまいます。

③タイヤがよくパンクする

3つ目のよくある故障は、タイヤがよくパンクすることです。原因は、安い電動キックボードを購入すると、そもそも粗悪品のタイヤが取り付けられているからです。本体の購入価格が安いので、当然タイヤも安いものが使われています。そうなると、早い段階でタイヤがパンクしてしまいます。

④折りたたみができない

4つ目のよくある故障が、折りたたみができないことです。電動キックボードは、折りたたみができることが売りの1つです。ところが中には、固くて折りたたみができないものもあります。原因は、ジョイント部分のグリス切れなどです。

万が一、故障してしまった場合の対処法

万が一、故障してしまった場合にはどうすればよいのでしょうか?こちらで対処法について詳しくご紹介します。

①購入先に連絡する

1つ目の対処法は、購入先に連絡することです。こちらは店舗で購入したケースでの対処法です。万が一、故障してしまった場合、購入先の店舗に連絡して故障を修理してもらえるかを確認しましょう。

②販売代理店に連絡する

2つ目の対処法は、販売代理店に連絡することです。こちらはアマゾン内などで、販売している各ECサイトで購入したケースです。各ECサイトは販売だけで、修理をやっていないことがあります。そうなると、連絡しても修理してくれません。万が一、故障してしまった場合、販売代理店に連絡して故障を修理してもらえるかを確認しましょう。

③メーカーに連絡する

3つ目の対処法は、メーカーに連絡することです。こちらは購入先の店舗や販売代理店で対応できなかったケースやメーカー直売をしているケースのときです。万が一、故障してしまった場合、メーカーに連絡して故障を修理してもらえるかを確認しましょう。一般的に、日本のメーカーであれば故障を修理してくれます。ただし、外国メーカーのときは連絡がとれないこともあります。

④修理専門店に連絡する

4つ目の対処法は、修理専門店に連絡することです。こちらは購入先店舗・販売代理店・メーカーなどで対応してくれなかったケースのときです。外国メーカーのときも当てはまります。また修理専門店であれば、メーカーを問わず、あらゆるメーカーの電動キックボードの修理に対応してくれます。万が一、故障してしまった場合、修理専門店に連絡して故障を修理してもらえるかを確認しましょう。

セルフメンテナンスを行うというのもアリ

電動キックボードの修理は、セルフメンテナンスも可能です。では、セルフメンテナンスとはどんなものでしょうか。こちらで詳しくご紹介します。

セルフメンテナンスとは何か?

セルフメンテナンスとは、電動キックボードの日頃のケア(手入れ)を、オーナー自らが行うことです。

メーカーがセルフメンテナンスを推奨している理由

電動キックボードは、メーカー側もオーナーによるセルフメンテナンスを推奨しています。その理由は、電動キックボード専用の整備工場がないからです。一般的に、自動車・バイク・自転車は歴史があることから、専用の整備工場があります。

それに対し、電動キックボードは誕生して間もないので専用の整備工場がありません。これらの理由から、電動キックボードはセルフメンテナンスが推奨されています。

セルフメンテナンスの方法とは?

電動キックボードのセルフメンテナンスの方法は、メーカーや販売代理店が配信している動画を見ながらメンテナンスを行うことができます。動画では、基本的な操作方法・日々のメンテナンス・簡単な修理方法・パーツの説明などを分かりやすく解説しています。

まとめ

今回は、電動キックボードでよくある故障についてご紹介しました。電動キックボードの故障の発生件数は価格と連動しています。価格が安いほど故障しやすく、価格が高いものほど長持ちです。現在、電動キックボードの故障でご不明な点があれば、購入先の店舗・販売代理店・メーカー・修理専門店に連絡してみることをおすすめします。本記事が、電動キックボードでよくある故障について詳しく知りたい方に届けば幸いです。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

2023年7月に法改正が行われ、電動キックボードの規制が緩和されました。電動キックボードは、特定小型原付に分類されるため、16歳以上であれば免許不要で運転できるようになりました。 また、ヘル

続きを読む

電動キックボードは車両と同じ扱いになっており、公道を走る際はさまざまな条件やルールが存在します。決められたルールを守らなければ法律違反となり、罰則や罰金が発生する場合があります。 この記事で

続きを読む

電動キックボードを利用する際の規定が大きく変わる2023年7月の法改正について詳しく解説します。改正後は、16歳以上であれば免許は必要ありません。新しく「特定小型原動機付自転車」の区分が作ら

続きを読む

2023年7月1日から電動キックボードに16歳から乗れるようになります。道路交通法が改正されて規制緩和されるからです。16歳から走行できるようになるだけではなく、ヘルメットの装着が必須から努

続きを読む

電動キックボードを購入した後は、市区町村役場でナンバープレートを交付してもらいましょう。ナンバープレートを取り付けることなく公道を走行すると、取り締まりの対象になってしまいます。今回の記事で

続きを読む

気軽に近所を移動したいと考えている人や、通勤や通学をもっと便利にしたいと考えている人のなかで、電動キックボードを検討している人もいるかと思います。電動バイクよりも価格が抑えられていて、軽量で

続きを読む

どんなものも日頃から大切に使用していると、ダメージが蓄積されにくくなります。そこで今回は、電動キックボードを大切に使い続けるために欠かせないセルフメンテナンスの方法について紹介します。なお、

続きを読む

日本でも徐々に浸透している電動キックボードですが、消費者の認識の違いが生じています。どんな乗り物も、ルールやマナーを守って楽しく安全に走行しなければいけません。準備するものもあるので内容を確

続きを読む

現在の法律では、電動キックボードで歩道を走行することは禁止されています。また、電動キックボードに乗る場合は免許の取得とヘルメットの着用が必須です。しかし、2023年7月の法改正で内容が変更さ

続きを読む

都会を中心に新しい移動手段として注目されている電動キックボード。実は2023年度中に規制緩和されるのです。具体的な規制緩和内容や施行日が気になる方もいるでしょう。というわけで、今回は電動キッ

続きを読む