電動キックボードが免許不要に!2023年7月の法改正について解説

       

公開日:2023/07/03

電動キックボード 坂道

電動キックボードを利用する際の規定が大きく変わる2023年7月の法改正について詳しく解説します。改正後は、16歳以上であれば免許は必要ありません。新しく「特定小型原動機付自転車」の区分が作られ、電動キックボードはこの新しい区分に入ります。

電動キックボードをこれから乗ろうと検討している方は「どうやって乗ればいいの?」「そもそも免許は必要なの?」と疑問を持っているのではないでしょうか。

そこでこの記事では、電動キックボードの免許不要に関する法改正について解説するとともに、利用したい方が知っておくべきポイントをわかりやすくお伝えします。

2023年7月1日から免許の必要なし

道路交通法の改正により、2023年7月1日から電動キックボードは、16歳以上であれば免許なしで乗れるようになります。さらに、ヘルメットの着用は必須ではなく努力義務となり、着用していなくても交通違反にはなりません。

条件を満たした電動キックボードは「特定小型原動機付自転車」に分類されます。一部の条件下では、規制が緩くなるので事故が増えるリスクも考えられるでしょう。

しかし、新しいルールでは保安基準などが細かく定められています。電動キックボードを利用する方は、法改正後のルールをしっかり把握し、理解する必要があります。

電動キックボードに乗るなら知っておきたいこと

これから電動キックボードを利用しようと考えている方には、知っておくべき大切なポイントがあります。また、今まで利用されてきた方は、法改正によるルールの変更をしっかり確認しておかなければなりません。

ここからは、電動キックボードを利用するなら知っておきたいポイントについてお伝えしていきます。

特定小型原動機付自転車について

警視庁Webサイトによると、特定小型原動機付自転車とは「原動機付自転車のうち車体の大きさ及び構造が自転車道における他の車両の通行を妨げるおそれのないものであり、かつ、その運転に関し高い技能を要しないものである車として道路交通法施行規則で定める基準に該当するもの」をいいます。

特定小型原動機付自転車は、電動キックボードが主に代表とされる新しい区分に分類されます。しかし、電動キックボードだけが、特定小型原動機付自転車になるわけではありません。

必要となる条件を満たせば、どのような電動の乗り物も特定小型原動機付自転車の区分に入ります。

では、基本的にどのような条件が必要となるのでしょうか。

・長さ190cm、幅60cm以下かつ最高速度20km/h以下のもの
・原動機としての定格出力が0.6kW以下の電動機を用いているもの
・走行中に最高速度の設定が変更することができないのもの
・AT機構がとられているもの
・最高速度表示灯が装備されているもの

このほか、電動バイクのように、座って運転するタイプも要件を満たせば登録できます。

公道を走るための準備について

まず、電動キックボードで公道を走るには、ナンバープレートを取らなければならないのと、自賠責保険に入る必要があります。

次に、保安部品を装着しているかどうかが重要なポイントです。国土交通省が定めた基準を満たす保安部品の装備が必要不可欠です。

・前方15m以上の障害物を照らせる前照灯
・方向指示器
・尾灯・制動灯
・スピードリミッター(速度抑制装置)
・スピードメーター(速度計)
・最高速度表示灯
・警音器
・後部反射器
・バッテリー安全性
・機械式ブレーキ(制動装置)

これらのうち、ひとつでも基準を満たしていなければ公道は走れません。数ある製品のなかから購入する場合の判断基準は「性能等確認済シール」があるかどうかです。

特定小型原動機付自転車が、公道の走行を認められるには、性能認定試験を通過して認定されなければなりません。

・安全基準を満たしているか
・公道を走行するためのすべての部品がついているか
・品質は一定かどうか

このように、厳しいテストに合格した製品だけが性能認定確認シールを取得できます。

走行場所について

従来、原動機付自転車は主に車道しか走行できません。しかし、特定小型原動機付自転車は、最高速度が20kmと6kmで走行できる場所が異なります。

時速制限が20kmの場合、走行できる場所は車道・自転車レーン・路側帯で、時速制限が6kmの場合、走行できる場所は歩道(自転車走行可能)・路側帯です。

6km(歩道通行者モード)の走行場所は、基本的には普通自転車歩道通行可を示す道路標識がある歩道のみとなります。しかし、歩道通行モードだからといって、すべての歩道で走れるわけではないので注意が必要です。

法改正で変わるポイント

2023年7月からの法改正で変わる電動キックボードのルールについて、具体的にはどのような点が変わっていくのでしょうか。

電動キックボードを利用してきた方は、安全に乗れるようにポイントを押さえておきましょう。

これまでのルール

電動キックボードは、法改正前は、原付バイク(原動機付自転車)になります。法改正後は、ルールが緩くなり新しい区分に入ります。

原付バイクは、運転するときに免許証の携帯とヘルメットの着用が必須です。個人所有の電動キックボードの運転時も同じです。

しかし、政府の実証実験で認可されているシェアリング事業者の電動キックボードだけは、ヘルメットなしでの運転が認められています。

走行速度に関しては、個人所有の最高速度は30km/hで車道のみ走行が認められ、シェアリングの最高速度は15km/hで車道と自転車レーンでの走行が可能です。

これからのルール

では、2023年7月以降は電動キックボードのルールはどのように変わるのでしょうか。

新たなルールでは「特定小型原動機付自転車」の区分が作られ、一部の電動キックボードはこの新しい区分に入ります。

個人所有でもシェアリングでも16歳以上であれば免許は必要ありません。また、ヘルメットの着用は努力義務になります。

走行速度に関しては、個人所有もシェアリングも最高速度が20km/hで、車道・路側帯・自転車レーン(条件付きで歩道)での走行が可能となります。

特定小型原動機付自転車の区分である電動キックボードなら、個人所有でもシェアリングでもルールは同じです。

電動キックボードの選び方

電動キックボードは、多くの人が手軽に利用できる便利な乗り物です。手軽ではあるものの、さまざまな製品があるなか、必要な装備をきちんと備えていなければ公道は走れません。

ここでは、公道走行が可能なタイプをこれから購入しようと考えている方のために、確認するべきポイントをお伝えします。

・保安部品が正しく装備されていて基準を満たしているか
・耐荷重を超えないか(基本的には、自分の体重+衣類+荷物で計算する)
・安全性を重視して左右にブレーキレバーがあるか
・必要なバッテリー容量を備えているか
・安定した走りを重視してタイヤのサイズが8インチ以上か
・ハンドルの高さを調節できる機能が備わっているか
・夜間走行を想定してライトがついているか

このように安全面はもちろん、耐荷重や稼働時間など具体的な機能を知識として持っておき、自分の生活スタイルにあった電動キックボードを選ぶようにしましょう。

まとめ

電動キックボードにおける2023年7月の法改正に関して、くわしく解説しました。

法改正後は、16歳以上であれば免許は必要ありません。また、特定小型原動機付自転車に乗るときのヘルメット着用は努力義務になります。事故にあうリスクは決して小さくないので、運転する際は細心の注意が必要です。

これから電動キックボードに乗ろうと考えている方も、これまで利用してきた方も、法改正の内容をきちんと把握して安全に走行しましょう。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

2023年7月に法改正が行われ、電動キックボードの規制が緩和されました。電動キックボードは、特定小型原付に分類されるため、16歳以上であれば免許不要で運転できるようになりました。 また、ヘル

続きを読む

電動キックボードは車両と同じ扱いになっており、公道を走る際はさまざまな条件やルールが存在します。決められたルールを守らなければ法律違反となり、罰則や罰金が発生する場合があります。 この記事で

続きを読む

電動キックボードを利用する際の規定が大きく変わる2023年7月の法改正について詳しく解説します。改正後は、16歳以上であれば免許は必要ありません。新しく「特定小型原動機付自転車」の区分が作ら

続きを読む

気軽に近所を移動したいと考えている人や、通勤や通学をもっと便利にしたいと考えている人のなかで、電動キックボードを検討している人もいるかと思います。電動バイクよりも価格が抑えられていて、軽量で

続きを読む

どんなものも日頃から大切に使用していると、ダメージが蓄積されにくくなります。そこで今回は、電動キックボードを大切に使い続けるために欠かせないセルフメンテナンスの方法について紹介します。なお、

続きを読む

日本でも徐々に浸透している電動キックボードですが、消費者の認識の違いが生じています。どんな乗り物も、ルールやマナーを守って楽しく安全に走行しなければいけません。準備するものもあるので内容を確

続きを読む

現在の法律では、電動キックボードで歩道を走行することは禁止されています。また、電動キックボードに乗る場合は免許の取得とヘルメットの着用が必須です。しかし、2023年7月の法改正で内容が変更さ

続きを読む

都会を中心に新しい移動手段として注目されている電動キックボード。実は2023年度中に規制緩和されるのです。具体的な規制緩和内容や施行日が気になる方もいるでしょう。というわけで、今回は電動キッ

続きを読む

電動キックボードは軽く、自転車に比べてサイズが小さいので盗難されやすい乗りもの。自転車やバイク以上に防犯に注意しなければいけません。しかし、乗用している人が少ないだけに、どのように盗難対策す

続きを読む

キックボードにモーターとバッテリーが搭載された電動キックボードは、環境への負担も少ない電動モビリティで、家庭で充電できます。バイクや自転車に比べて駐車スペースもとらずに、運転も簡単で手軽に乗

続きを読む